筐体の冷却

現在、多くの電子機器キャビネットは、高価でバルキーなコンプレッサベースのエアコンで不必要に冷やしています。標準的な空気から空気への温度制御システムは縦方向に設置されるので、大きすぎて筐体内には合わないことがよくあります。その代り、筐体の外壁に設置され、筐体内全体に対する温度を制御しています。しかし、筐体全体を冷却する必要はありません。それは時間的にもエネルギー的にも費用的にも無駄です。

レアードサーマルシステムズのAA-230シリーズ熱電冷却アセンブリは小型で、もっと効率の良い選択肢です。通信機やバッテリバックアップバッテリシステム、工業用などのキャビネットなどの筐体や屋外のキオスクに使われている動作中の電子機器を冷やしたり温めたりするのに使われます。このAA-230 シリーズ の空気から空気への熱電冷却アセンブリは、標準的な空気から空気へのシステムよりも少ないエネルギーで適切な温度範囲に維持することにより、安い運転コストを提供します。これは性能係数(COP)が高いからです。

加えて、AA-230シリーズ熱電冷却アセンブリは筐体内に実装でき、短いパーティションの棚の高さに収まります。キャビネット全体を冷却したいため、単体の小型AA-230冷却器は冷却が必要な特別な電子機器だけを保護します。このことはエネルギーコストの大きな節約になります。この画期的な設計のため、新製品AA-230の定常状態での設置は、標準的なコンプレッサベースのエアコンよりも保守コストが少なくて済みます。

AA-230は、衝突流を使って熱を移動させ、対流を経て対象物を冷却することによって信頼性の高くコンパクトな性能を提供します。AA-230は温度差ΔT=0℃での冷却電力が230Wです。熱は、カスタム設計された、高アスペクト比の熱交換機を通って吸収され放散されます。デュアル冷却側の排気ダクトがどのような方向にも向くことができ、障害物を許容し循環を最大にします。この排熱挙動は、カスタム設計の熱電冷却器によるもので、消費電力を小さくするため高い性能係数(COP)を実現します。


主要なシステムの特長

  • 狭い空間を収容するため横方向に取り付け
  • フレキシブルな冷却側のエアダクトの向き
  • 入力電力は定格/フロート電圧は直流24/28Vか48/56V
  • 電力サイクルは7万回までテスト
  • 環境に優しい固体動作でCFC冷媒を使わない
  • コンパクトな形状サイズを維持するため同じ装置で冷却と加熱
     

熱電アセンブリ屋外冷却器を見つけてください

無人基地局はインテリジェントな冷却システムが必要です。当社のアプリケーションノート「モバイル基地局とセルラー塔を冷却する」をお読みください。