液冷システム

WL Series, WLK Series, liquid cooling system

レアードサーマルシステムズ社は、堅牢な液冷ソリューション(LCS)を、医療機器や分析機器、工業機器、半導体製造装置市場など、多くの温度が重要な応用に向け提供しています。100Wから25kW以上までの冷却容量を持つ当社のLCSシステムは周囲温度前後での温度の高い安定性を持つように設計されています。サービス寿命は現場で20年以上だと見積もられています。


なぜ液冷システムを使うのか

  • 高い排熱ポンプ容量
  • 高い熱流速密度
  • 小型形状

液体冷却システムを探す

パラメトリック検索を使用して、アプリケーションの液体冷却システムを見つけます。

 


ポートフォリオマップ

 

liquid-cooling-systems-portfolio-map

 

今日の複雑な作動環境では、液冷システムは高密度にハウジングされた電子機器内の大量の熱を放散しなければなりません。動作寿命を最も長くするには、システムの保守と修理のダウンタイムを最小にする必要があります。次世代のシステムがもっと正確な温度制御を必要とするにつれ、特に温度安定性が重要になってきます。液冷システムは、冷媒を予め設定された温度に再循環させる閉ループの装置です。2種類の液冷ソリューションがあります。

  • 液冷熱交換器システムは、液体回路の冷媒を周囲温度に冷やしています。このシステムは二つの重要なコンポーネントから成り立ちます。一つは冷媒を循環させるためのポンプで、放熱するための熱交換機になります。もう一つは液体回路で、熱源から冷媒を液冷システムに移します。
  • 液体の冷却器(冷却器を再循環)は液冷熱交換器の代わりにコンプレッサを含むものです。冷媒を周囲温度以下まで冷やし、外気環境に熱を逃がします。

更なる特長は、温度制御や可変流量成語、バイパス制御、冷媒ろ過、そして電子回路を簡単に加えることができることです。ユニークな特性要求に答えるためです。

レアードサーマルシステムズ社の液冷システムは、ヘルスケア診断と治療、工業計器、半導体製造装置など広い範囲に渡って使われています。レアードサーマルシステムズ社は最適な液冷システムの設計に注力しているので、顧客はもっと優れた最終装置の設計に注力できます。製品は全てISO 9001とISO 14001の認定工場で製造され、医療、工業、半導体産業の多くの分野での厳しいプロセス制御の要求に合うように作られています。全ての部品は、高信頼部品を供給してきたという実績記録を持つ戦略的なサプライヤーから調達しています。カスタマイズするための強力な設計支援となっています。レアードサーマルシステムズ社はまた、アフターセールスも支援しており、20年以上現場で使われてきた装置の修理や交換を行っています。

液冷システムは、冷媒を使って熱を移すという熱管理市場でユニークな製品です。液冷システムは、従来の空冷システムに対して以下のようなメリットがあります;

  • 高い排熱ポンプ能力
  • 高い熱流束密度
  • 熱の逃げ道
  • 高速冷却技術
  • 低騒音


ターンキー能力

最適な液冷ソリューションはカスタム構成であることがよくあります。レアードサーマルシステムズ社は、さまざまなハイエンド市場向けのカスタム仕様の液冷システムの設計・製造・サービスで45年以上の実績があります。当社の経験豊かな技術チームは、水や水-グリコール混合液、移送オイルなどさまざまな腐食抑制剤に対応した冷却システムを設計しています。液冷システムはまた、極めて複雑で、低圧・高圧の条件を取り込むため、多数の液体回路の温度制御や、多数の圧力低下の設定が必要です。レアードサーマルシステムズ社は、両方のシステムを設計してきた実績を持ち、多数のユニークな特性を液冷システムに統合することができます。例えば次のような特性があります;

  • 冷却能力(最大200kW)
  • 可変ポンプ能力
  • 多数の液体回路の熱制御
  • 冷媒ろ過
  • 可変流量制御
  • 温度制御
  • 高温安定性
  • 高い性能係数(COP)
  • 高温ガスのバイパスせぎょによる耐久性
  • ガスフリーの冷却剤
  • ステンレス鋼の熱交換機
  • 高い動作温度
  • 流量モニタリング
  • レベル切り替え
  • 誤り信号の可能性なし
  • 最大圧力限界
  • カスタム入出力合わせとハウジング構成


再循環冷却器

再循環システムはコンプレッサを使い、気相を液体に変えるため冷蔵ガスを圧縮します。液化した冷媒は蒸発器を通して再循環させます。そこで冷媒からエネルギーを吸収し、その重要なプロセスに再循環させ、再び蒸発させます。


Nextreme™再循環冷却器プラットフォーム

Nextreme再循環冷却器プラットフォームは、ミッドレベルの価格で、プレミアムな部品を特長とする次世代の再循環冷却器です。このプラットフォームは、高品質の部品である環境に優しいR513A冷媒を使い、低騒音設計でユーザーフレンドリな動作を特長としています。分析機器や医療機器、工業機器の高信頼で高精度な温度制御に向いています。Nextreme冷却器製品ラインは、周囲温度以下に冷却し、熱に弱い装置から放熱します。標準品構成もいくつかあり、カスタム仕様構成のオプションも追加できます。

  • ミッドレベルの価格でプレミアムな機能
  • 環境に優しいR513A冷媒
  • 低騒音の動作
  • より低い周囲への熱送出
  • 省エネルギー


液体冷媒熱交換器

レアードサーマルシステムズ社は、3種類の液体冷媒熱交換器を提供しています。標準的な冷却能力は500Wから5000Wですが、カスタム仕様のソリューションは最大40kWの熱を排出できるように設計されています。標準的な排熱構成は、液体-気体、あるいは液体-液体のシステムです。システムは全て、水か水-グリコール混合液(凍結防止用)、あるいはオイル冷媒を使って動作するように設計されています。


水冷式の熱交換機

水冷システム(WL/LA/WWシリーズ)は、水や、水-グリコール混合液(不凍液)を循環させて冷媒の温度を周囲温度あるいはその近くの温度に保つように設計されています。 WL/LAシリーズは、再循環する液体から気体への熱交換機で、液体回路から大量の熱を除去することによって、高い信頼性と、コンパクトな性能を提供します。 冷媒は、高圧ポンプを使って再循環し最大流速を確保します。 冷媒からの熱は熱交換器によって吸収され、大手ブランドのファンを使って周辺環境へ放散します。

WWシリーズは、高温側の熱放散機構として設備の水を利用します。そうすると形状サイズを維持しながら冷却容量を増やせます。WWシリーズのシステムは、水を冷媒として使って。

  • 周囲へ冷却します
  • 高い排熱能力
  • コンパクトな形状大きさ
  • 長い動作寿命


オイル冷式の熱交換機

オイル冷却式システム(OLシリーズとOWシリーズ) は、変換オイルを循環するように設計されており、熱源の温度が水ベース冷媒の動作温度の限界を超えるような応用機器や、 冷媒のループ内で特別な絶縁特性が要求される時に使われます。このOLシリーズは、再循環している、液体から気体への熱交換機で、 液体回路から大量の熱を除去することによって高い信頼性とコンパクト性能を提供します。冷媒のポンプは最大の流速を確保するため使います。 冷媒は高圧ポンプで再循環され、最大の流速を確保します。冷媒からの熱は、熱交換器によって吸収され、大手有名ブランドのファンで周囲環境に放散されます。

OWシリーズは、高温側の熱放散機構として設備の水を利用します。そうすると形状サイズを維持しながら冷却容量を増やせます。 OWシリーズのシステムは、オイルを冷媒として使って動作するように設計されています。

  • 冷却から周囲へ
  • 小さな形状で高い排熱能力
  • 長い動作寿命
     

最適な液冷システムソリューションは、熱管理の達人から探してください。