ソフトウエア

画像

画像

温度制御を搭載した熱管理ソリューションは、高度な熱的安定性を必要とする応用ではメリットが多いです。例えば、医療診断に使われる試薬は一定の冷蔵温度で保存され、その後患者にテスト用のサンプルを注射する前に体温まで温めなければなりません。もう一つの例は培養器チャンバです。ここでは細胞成長に最適な条件を創り出すために極めて正確な温度制御が必要です。また熱的な安定性も多くの工業用や通信用の応用では正確な結果や信頼性の高い動作を確保するために必要です。  


レアードサーマルシステムズ製の温度制御を搭載

レアードサーマルシステムズには、熱電冷却器とコンプレッサ利用の冷却システムの両方に渡る温度制御を組み込んできた長い歴史があります。顧客の要求によりますが、当社はGUI(グラフィカルユーザーインタフェイス)を組み込んだり、通信ポートのRS232やUSBを通じたりする単一方向/双方向、または比例式コントローラを提供しています。当社の標準的なコントローラには世界中の販売代理店で入手できる製品もあれば、レアードサーマルシステムズのエンジニアがプログラムしなければならない温度制御ソリューションもあります


始める方法 

もし御社が温度制御を組み込んだ冷却ソリューションをお探しなら、当社とチャットしたり見積り請求書に書き込んだりしていただければ、当社のプロジェクトチームがご返事いたします。


期待されるもの

  1. レアードサーマルシステムズのエンジニアは、御社の応用に合った温度コントローラと冷却ソリューションの組合わせを推奨します。
  2. そのシステムは御社の冷却システムを最適化するために構成され、機能を追加実装します。
  3. どのような製品要求でもCEやROHS/Reach規制、UL規格などを考慮しています。
  4. 温度コントローラ(ハードウエアとソフトウエア共)が設計され、テストされ、確認されると、当社のISO認定工場の一つ、あるいはサードパーティの請負メーカーで製造することになります。


以下のソフトウエア搭載に関する詳細は次の通り 

熱電冷却アセンブリ
液冷システム

 

当社の温度制御のソフトウエアサービスに関するお問い合わせは、どうぞコンタクトしてください。ここでお手伝いします!